【12.12開催】病院も職員も幸せになる「お金の話」

ZOOMを使った同時接続による講座です

病院も職員も幸せになる「お金の話」
~会計知識がなくても、経営の状態が手に取るようにわかるようになる「お金のブロックパズル」とは?~

印刷用PDF:【ご案内】12.12 病院も職員も幸せになるお金の話

本講座はオンライン限定の講座です。Zoomを使い同時接続で開催いたします。
日程が合わないけど受講したい!という方向けに、録画配信のサービスもスタートしました。
診療報酬はマイナス改定が続き、昨今新型コロナウイルスの影響で、全国の医療機関の経営が悪化しているといわれています。
そこで、本講座では、元看護部長である松島氏より、まず病院のお金の流れが理解できる
方法や病院経営を考えながらも、病院職員の満足度を上げるノウハウをお伝えいたします。

講座情報

講座の
ポイント
  1. 病院のお金の流れがわからないという漠然としたストレスが解消できます。
  2. 人は何人まで採用できるか、給料・ボーナスはいくらまで払えるのかなど
    人件費の上限がわかるようになります。
  3. 部下やスタッフ、他部門にも経営数字をわかりやすく伝えることができます。
  4. 人件費が増えても利益が増やせる方法がわかるようになります。
  5. 病院も職員もwin-winの関係になる、幸せの一致点を見つける方法がわかります。
講師 岡山県看護協会 常務理事
岡村一心堂病院 経営企画室
松島 眞己 氏[プロフィール]
岡山大学医学部付属看護学校卒業後、同大学病院入職、整形外科病院を経て岡村一心堂病院入職。2001年看護部長就任。約18年間勤めあげ、現在は経営企画室に配属。2020年6月より岡山県看護協会常務理事就任し、経営企画室と兼務。[著書]1)看護部長通信2016年4・5月号「中小病院で7対1を含むケアミックス病院として生き残る経営戦略」
2)看護の力 2017年1月 2017年看護の思いと展望「質の高い看護を目指して」
3)看護 2017年3月号 DiNQLデータ活用事例集「可視化を課題改善の足がかりに」
4)月刊 新医療 2017年6月号 DiNQLは看護師の労働環境・看護の質にどう影響したか看護師の現場視点で考える
5)公益財団法人 日本医療評価機構活動事例集 2019年職員のやりがい度調査の結果をきっかけに行った改善活動の取組
6)岡山県医師会報 2019年12月看護部長経験者が語る看護職の採用と定着

 

オンライン配信について

開催日 2020年12月12日(土) 14:00~15:30
オンラインZOOM受講 ご入金後、準備ができ次第セミナーのURLとパスワードをメールでご送付いたします。
参加費 一般:5,500円(税込)/1名につき 会員:3,300円(税込)/1名につき
※会員=RSN会員の方、WEB「Nursing Café」に有料掲載中の法人の方
会の概要・入会はこちら
備考
  1. お申込後、メールにてご請求書をお送りいたします。
  2. 本講座はzoomを使った同時接続で行う講座です。
  3. 講座前日までに参加URLとパスワードとセミナー資料をメールでご送付いたします。

お申込みはこちら

●ご氏名・ふりがな (必須)

●勤務先(必須)

●所属(必須)

●お役職(必須)

●所在地(郵便番号・住所)(必須)

●お電話番号(必須)  ※半角数字でご記入ください(例: 03-0000-0000)

●FAX  ※半角数字でご記入ください(例: 03-0000-0000)

●e.mail(必須) (※半角英数字でご記入ください。)

↓ご同行参加者様がいらっしゃる場合は、引続き、ご参加者の情報をご記入ください。

ご同行参加者

●ご同行参加者ご氏名・ふりがな (同行者がいらっしゃる場合は必須項目)

●所属 (同行者がいらっしゃる場合は必須項目)

●お役職 (同行者がいらっしゃる場合は必須項目)

●その他ご質問等はコチラに

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れて送信ボタンを押してください。