代表理事ごあいさつ

message_top_2

看護職の採用と定着を考える会を始めてから、もう10年が過ぎようとしています。毎年約5万人の看護師が誕生しているのですが、いまだに看護師不足が解消したという実感はありません。それどころか、日常化する自然災害や新型コロナウィルス感染症による先の見えない世の中は、多くのストレスと不安な感情を蔓延させ、看護師の職場環境は疲弊していくばかりです。

私どもは看護師採用力の向上を目的として立ち上げた組織ですが、その目的を達成するために、採用スキルの向上はもちろん、採用ツールの制作、職場環境の改善など、じつに様々な課題に取り組んでまいりました。看護師の職場は全国に数万か所、同じ種類の施設でも、地域性も異なれば、職場の価値観も異なります。各種研修会やセミナーの開催だけでは 解決しないことも多々あり、個別の支援も行ってまいりました。個別の支援をさせていただいたほとんど施設の採用活動が改善され、採用実績としての成果を出していることは喜ばしい限りです。

また、看護師が定着するよう職場環境の改善は必要ですが、ライフスタイルの変化などによる一定数の退職は避けては通れません。よって人材確保は永遠のテーマである以上、短期的課題ではなく、日々継続して取り組むべきものとなります。よって、私どもは今後も継続して、看護師の採用にかかわる皆様のお役に立てるよう様々な活動に取り組んでまいります。

加えて、看護学生や看護師養成校のみなさまの支援、著しい人口減少で看護師不足が慢性化している地方のみなさまの支援にも取り組んでいく所存です。今まで以上に、これからの看護職の採用と定着を考える会にご期待ください。

一般社団法人 看護職の採用と定着を考える会
代表理事 諸橋泰夫

代表理事 略歴

YasuoMorohashi早稲田大学社会科学部卒業し、一般企業を経て南東北グループに入職。同グループ内、各病院の事務長を歴任。現在は人財開発部部長として看護師、研修医、その他職種の採用全般を担当している。
新百合ケ丘総合病院開設時300人以上、グループ全体で2,000人以上の採用する。2013年に当会を立ち上げ、人材採用や定着などの研修会や講座を開催。看護協会や看護連盟、その他協会や企業の出張講演や、看護系雑誌の執筆も手掛ける。

そのほかのメニュー